スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人生、初ハードコート
2009年01月20日 (火) | 編集 |
先週日曜日、2年ぶりくらいでシングルスの試合に行ってきました。
場所は大東市にある深北緑地公園。
予想してたよりも場所が遠くてちょっと疲れた・・・。

ただ、この日は思いっきり午後から雨予報。
午前中から降ってくれれば中止だけど、午後からだから試合は開催されるし、1時間以上かけて会場に行って帰りは雨降り確定の中を帰らないとアカンっといった重~い気分で出発。
そしてホントに午後1時30分過ぎくらいから降り出して、試合は中止、結構な雨の中を1時間以上かけて帰ってきましたよ・・・。

今回の試合、最低4試合は出来るって事だったけど、雨で2試合のみ消化。
半分しか出来なかったから参加費も半分くらい戻ってきた。
2年前に出た「地獄のシングルス」に比べたら、涙が出るくらい良心的ですな~!
「地獄のシングルス」は予定試合数の半分も出来なくても6,000円払って戻り0円、次回参加時1,000円引きなんて最低のシステムですからね!
って今更愚痴書いてる俺って・・・。


前置きが長くなりましたが、この試合会場のコートがハードコートだったんですよ。
題名にも書いた通り、僕にとってハードコートは人生初!
高校時代の軟式はクレーかオムニ。
こっちで公式を始めてからは100%オムニでしかテニスしたことがない。
試合はもちろん、練習を含めても始めてだったりします。
初ハードが試合・・・。

そんな感じで始まった試合の1試合目はおっちゃん相手に6-1。
全然打ってこない相手でほわ~んとした球しか返ってこないから、コートの違いも特に感じずにプレー出来てしまった。

2試合目は逆に1-6・・・。
相手的にはコートカバー範囲はけっこう広めで拾いまくるって感じ。
強打は持ってないからそれほど怖さは無かったんだけど、スピン量が結構多めでタイミングが全然合わん!
8割以上ネットにかかるって感じで最低な試合内容・・・。

3ゲーム目くらいまではな~んでこんなにタイミングがずれて振り遅れるの?って思ったんですが、ハードコートだってことをすっかり忘れてたりします・・・。
左効きの人相手に5~6ゲーム目くらいまで気づかない事もある阿呆ですからね・・・。

ハードコートだって思ってから改めて返ってくる球を見てみると、やっぱりハードコートはバウンド後の伸びが違いますね~、当たり前だけど。
ワンバウンド後にオムニのタイミングで待っちゃうと、ほとんど振り遅れまくりです。
普段からタイミングずれる事が多いのに、初ハードではタイミング合う事の方が珍しいって感じで、終始ネットにかけまくって終了しました。
相手の人に申し訳ない試合をしてしまったことに反省・・・。

この後は上で書いたように雨降りで中止になったんですが、やっぱりある程度はハードコートでの練習もしないとアカンですねぇ。
壁打ちコートはコンクリートだけど、あんな死んでるボールじゃ相手のスピンの効いたボールの返球練習になんてなる訳ないし。
とは言え、この先、ハードコートで練習する事があるかと言ったら、たぶん殆ど無さそうだし・・・。

恐らく次ぎのハードコートもまた、今回と同じ会場での試合になるような予感がします・・・。
スポンサーサイト
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。