FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気軽さ、最高!
2008年08月16日 (土) | 編集 |
先日から乗り始めたミニベロの Bruno Minivelo20 Road ですが、こいつが来てからというもの、他のロード、MTBの出番が8割減少してしまいました・・・。

と言うのも、ミニベロってめちゃくちゃ気軽なんですよね。
何よりも小さい、軽いってのがすごい楽ちん。

小さいとアパートのエレベーターにスッと乗せれます。
ロードだと立てかけないと駄目だし、MTBだとハンドル高が高くて、立てかけてもギュウギュウなんですが、このミニベロは立てかける必要なく、そのままエレベーターに乗ります(うちのアパートでは、ですよ!)。

重さも約11kg(オプションの泥よけ含む)と軽いので、例えば駐輪場の上段ラックに乗せるのも楽ちんだし、降ろすのも楽です。

なので、出かける時はついついアパートから簡単に持ち出せるミニベロを選んじゃうんですよね。


肝心の乗り心地はと言うと、やっぱりミニベロの宿命、低速時の不安定感はあります。
発進時にも多少ふらつくし、Wレバーの操作時もレバーに力を込めると敏感に反応する。
それなりのスピードで走ってる時も、ちょっとした体の動きに機敏に反応しますし。

高速走行時にWレバーでシフトチェンジしようとすると、少しだけ怖いです・・・。

そしてタイヤが小さいから、路面からの衝撃もやっぱりそれなりに伝わってきます。
歩道と車道の段差、マンホールのちょっと大きめの段差なんかは少し気をつけて走らないと急にタイヤを取られる感覚もあります。

ただ、それなりの衝撃は受けるんですが、その衝撃がマイルドな感じがするのはクロモリフレームのおかげなのか、太めのタイヤのおかげなのか。

衝撃はそれなりにあるのに、特にサスペンションとかの必要性も感じないくらいマイルド。
不思議な感じですね。

他のミニベロと乗り比べたことが無いので、比べてどうこうってのはわかりませんが、この不安定さと衝撃さえ覚悟しておけば、そんなに気にすることなく乗れますよ。


走行性以外の部分も合わせて簡単にまとめてみると、

【良い点】
・ブリティッシュなデザイン
・ほぼフルカバーの泥よけを付けてもデザイン良し、利便性良し
・コンパクトで軽い
・走り出しが軽い
・それなりのスピードが出るし、出しやすい
・ドロップハンドルだから持ち手の自由度が高い
・身長が高くても乗れる(僕は180cmちょい)
・それなりにエアボリュームの多いタイヤの衝撃吸収性
・クロモリフレームの衝撃吸収性

【悪い点】
・高身長でも乗れるが、シートポスト角度が寝過ぎ
・効きの悪いカンチブレーキ
・一々ハンドルから手を離さないと駄目なWレバー
・ちょっと回転が渋い前後ハブ
・ノーマルサドルは幅が広くて内股が痛い
・ちょっぴり不安定な直進性
・細かく拾う路面状態


個人的にはこんな感じです。
Wレバー、見た目や雰囲気は抜群なんだけど、やっぱり一々手を動かすのが面倒・・・。
面倒だから多少の勾配くらいだったらそのままのギアで走ってしまう・・・。

今はとりあえず内股が痛かったノーマルサドルを、余ってたFELT F70のノーマルサドルに変更して、町乗りには必至なスタンドを取り付けてます。

後、寝過ぎのシートポスト角度から、出しにくいポジションを多少でも改善させるためにシートポストの納期待ち中。
シルバーメッキでオフセット無しのシートポストって全然数がないんですよね。
今はこんなスタイルの自転車も流行ってるんだし、もう少し種類が多くならないかな?
スポンサーサイト
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。