FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ナダルが勝った!!
2008年07月07日 (月) | 編集 |
2008年のウィンブルドン 男子シングルスの決勝戦で、苦節3年、ついにナダルがフェデラーを破って優勝した!!!!!

1、2セット目はナダル6-4、6-4で2セット連取。
まずこんな状況は一切考えた事もなかった訳で・・・。
恐らく誰も考えてなかったと思う訳で・・・。

1セット目2-2の時にナダルがフェデラーのサービスをブレイクして、そのままこのセットをキープ。
最後のセットポイントはなかなか取れなかったものの、なんとかギリギリでキープ成功。

2セット目はいきなりナダルがブレイクを許すも、2-4からブレイクバックを成功させて、さらにもう一つサービスブレイク!
そのままセットを連取。

迎えた3セット目、ゲームカウント3-3でフェデラーサーブの時、0-40まで追い込んだのにここからすごいサーブで一気にキープされた時は、「この試合、最大の勝つチャンスを逃した・・・」と思った・・・。

ここで1回目の雨天中断。
流れがナダルだっただけに非常に悔しかったけど、しょうがないので1時間待ち。

約1時間で再開された直後、ナダルがしっかり自分のサーブをキープ出来た時はかなり安心しました。
その後、お互いのキープが続いてそのままタイブレークに突入。

タイブレークになると去年の試合でもそうだったけど、サーブで1発の無いナダルにはかなり厳しくなるのは目に見えてるし、その通り5-7でフェデラー。
少し嫌な流れ。

4セット目。
そのままフェデラーはサービスエースも交えて比較的楽にサービスキープ。
なんかどんどんサーブも良くなってたし、流れはフェデラーって感じに。
逆にナダルは毎ポイント、ラリーになって何度もキープに苦しみながら、それでもキープ。

そして2度目のタイブレーク。
個人的にはもうタイブレークに入った瞬間、「また取られたな。このままいったらたぶんフェデラーが大逆転勝利だろう」って完全に諦めモード。

が、このタイブレークでなんと、ナダル5-2リードに!!
ここまでのポイント差があれば、いくらサービスエースが取れなくてもセットを取れる!
優勝だ!!
って思ってたのに、いきなりWフォルト・・・。
次のポイントもラリー戦で負けて5-4。
そしてフェデラーのエースも交えて5-6・・・。

この後、めまぐるしくセットポイント、チャンピオンポイントが入れ替わる、超白熱した試合内容!
この時はもうナダルのポイント奪取に一喜一憂。
部屋の中を夢遊病のようにウロウロしながら観戦してました。

お互いにスペシャルショットを連発するなか、最後は王者のプライドなのか、フェデラーのショットでセット奪取。
さすがにこの時はベットに倒れ込んだ・・・。

ついに最終セット。
去年と同じようにファイナルセットまでもつれて、お互いキープ合戦の4-4。
な~んと、この時点で2回目の雨天中断!
もう4時です・・・。

明日、訓練校で勉強&明日から本格的な授業に突入するから、さすがに寝ないといけない・・・。
ここまで3年に渡って応援し続けたんだから最後まで見たかったけど、現実的に無理だったので諦めて就寝。
この2度目の雨天中断まではPCで録画もしてたんだけど、いつ再開するかもわからない状態で録画を続けることも出来ず(ファイルサイズが恐ろしくなる為)、しかもたぶんフェデラーの大逆転勝利だろうって諦めモードも入ってた。

そして8時に目覚めて速攻でニュースサイトを見てみると・・・、なんと、ナダルが勝ってるじゃないですか!!!
しかもゲームカウント9-7。
どんな熱戦、接戦が繰り広げられたかは想像に難くないっすよね。
あ~見たかった!!
本気で見たかった!!!
なんでこんな大事な時に見なかったんだ・・・。
徹夜してでも見るべきだった!!!!!
しかも録画してないし・・・。

3度目のチャレンジで初の優勝、そして6連覇のプレッシャーから解放された王者の顔。
見たかった・・・。
絶対になんとかして、録画してた以外の映像を手に入れてやる!!!


それにしても、このナダルの優勝もあって、フェデラーの時代が終わったって風潮が流れてるけど、こんな事を言ってる人って何を見てるんだって感じませんか?

相手がナダルだったからこれだけ苦しめられて最後は負けちゃったけど、ナダル以外の相手にはどの大会でも、このウィンブルドンでもつけいる隙さえ与えずに圧倒的な強さで勝ってるんですよ?

ナダルのエッグボール+ナダルのバックに集める作戦がフェデラーにとって特に相性が悪かっただけで、それ以外の相手にはまだまだ負けることは無いでしょう。
あの人外のスペシャルショット連発は凄まじすぎる・・・。

さらにウィンブルドン6連覇のプレッシャーが無くなったフェデラーはさらに強くなるんじゃないかな?
しかも今度はナダルに全仏5連覇のプレッシャーがのしかかってくるし、追われる立場になりますね。
次の全仏はめちゃくちゃ面白そうです。


逆にナダルはこのウィンブルドンを勝ったとしても、まだまだポカ負けはするでしょう・・・。
ナダルがポカ負けした大会ではフェデラー。
両者が決勝でぶつかった時は、その時によりベストな球を打てた方が勝つ。

個人的にはアンチフェデラーですが、フェデラーの強さは素直に素晴らしいと思います。
あの強さはまだまだ健在だし、今度のオリンピックの金メダル候補は間違いなくフェデラーであることには変わらないでしょうね。


この歴史に残る大勝負を観戦出来たことが、ここ数年で一番興奮したし、感動しました。
早く残りも見ないと・・・。
スポンサーサイト
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。