FC2ブログ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TennisWarehouse を使ってみた!
2008年06月26日 (木) | 編集 |
先日、24日(火)の夜に、海外のテニスショップで一番有名な「TennisWarehouse」からラケット1本とグリップテープ30巻きを1個、注文してみました。

あまり通販を利用しない人にとっては、海外通販ともなると、
・英語が出来ない不安
・海外サイトでクレジットカードを使う不安
・ちゃんとモノが届くのかの不安
・まともな商品が届くのかの不安
等があるかと思います。

もちろん僕も多少は不安ありますけどね。
英語なんて中学生入学レベルって感じですから・・・。

まぁ、でも、こんな状態の僕でも以前、海外のサイトからPC用周辺機器のトラックボールを購入したことがあるし、しかもその時、送ってきた商品に不具合があって、返品・交換の経験まであるのでそんなに不安を感じてなかったりします。
O型の典型でこの辺はかなり楽観的です。

基本、英語なんて出来なくてもOK。
届け先の住所はたぶん皆さん、1度は見たことあると思うけど、番地+部屋番→町名→区名→市名と逆に書くだけ。

サイトの信憑性は、もう十分すぎるくらい他の人が利用してる実績がある(検索してみると沢山の利用履歴が出てきます)のと、ATPのオフィシャルショップにも認定さてれるようなので安心。

なので利用手順としては、国内の通販サイトを利用してるのと同じような感じで利用出来ますね。
届くのもかなり早いみたいだし、下手な国内通販サイトよりシッカリしてるとか。

一番の不安は「ちゃんとしたモノ」が届くかどうか。
国民性の違いと書いてしまえばお仕舞いだけど、日本人感覚だと「新品は綺麗なモノ」って思いますよね。
例えば大きな塗装欠けや擦り傷なんかがあると検品ではじいて、綺麗な商品しか並べないとか。

でもそこは大雑把な国のアメリカですから、過去の先人たちによる履歴を見てもやっぱり国内だとNGが出るような状態のモノでも普通に販売されてるみたいですね。
ほとんどそんな感想は見つからないので、かなり希みたいですけど。


後、初めての注文時やある程度の金額以上だとクレジットカードでの支払い証明だとか、身分証明をFAXかEメールで送ってくれと要求があるって話を聞いたことがあるんですが、どうやら今回は無かったらしい。

2点で総額200$を超えてるんだけど受注確認メールがそのまま来て、後は待っとくだけでOKっぽいです。
ラッキー♪
別に要求されても大丈夫なんだけど、面倒くさい手続きは少ないに越したことはないですからね。

ちなみち、もし要求されたらですが、クレジットカード支払い証明はメール本文に文章が書かれてくるっぽいので、そのメールをプリントアウトして、サイン。
それをデジカメで写真撮影。
身分証明書は免許を、クレジットカードの表面裏面と併せて写真撮影。
これを添付ファイルで送ればOKのようです。

さ~て、何日に届くのかな~。
”ちゃんとしたモノ”は届くのかな~。
楽しみでもあり、少し不安!
スポンサーサイト
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。