スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Windows Live OneCare
2008年06月02日 (月) | 編集 |
2年前はMacfee、去年はウィルスバスターと使ってきたセキュリティソフトですが、今年の1月頃に更新期限が切れてしまい、何か新しいセキュリティソフトはないかと、何種類かの試用版を渡り歩いてきました。

そもそもMacfeeを止めたのは、2007年版から大幅に変わったコントロールパネルがめちゃくちゃ使いづらく、さらにアンインストールした時、見事にOSをボロボロにしやがったから。

ウィルスバスターは特に問題があった訳じゃないんですが、定番過ぎるのと、海外などで公表されてるセキュリティソフトの防御率ランキングでいつも低いランクにあるのが気に入らない。

普通ならここで、上記テストで毎回かなり上位に来てるカスペルスキーを選ぶことが多いとは思うんですが、他の有名ソフトが軒並み1本で3台までOKになってるのに1本1台のまま。
しかも安くない価格。
そして、試用版を使ってた時にホームページの一部の画像などが表示されない不具合があったことから、あまりカスペルスキーにする気になれない・・・。

と、色々見て回ってたんですが、いきなり急浮上してきて価格の安さから飛びついたのが、今回のセキュリティソフト、「Windows Live OneCare 2.0」。

Windows Live OneCare 2.0
Windows Live OneCare 2.0
購入価格:2,480円(NTT-X store)

VISTA発売と同じ比に発売されたVer.1.0の時は、ホントに酷いの一言だったそうな。
どのサイトを見ても、評価ランクを見ても、叩かれまくり、評価ランキング底辺は当たり前状態。
当然そんな評判を耳にしてたから視野にも入らなかったセキュリティソフト。
OSと同じメーカーのソフトだからって期待もしてただけに、かなりガッカリした記憶があります。

が、1年以上経過し、気がついたらVer.2.0が発売されてて、驚くことに評価ランクでも結構上位にいることが多くなるまでに機能が改善されてる模様。
評価方法の種類によってはノートンやバスターは当然として、カスペルスキーよりも上位に位置付いてることも度々。

そんなに高機能になってるのに、多分1.0が全然売れない、1.0の評価で見向きもされてないからだと思うけど、販売価格がめちゃくちゃ安くなってるセール状態。
もしダメでも2nd PC用としては十分使えるだろうって事で早速購入、セットアップしてみました。

このソフト、VISTAとXPとで少し快適度が変わるんですが、VISTAで使用するならかなりお勧め。
VISTAに搭載されてる「Low Priority I/O」って機能を有効活用してるらしく、PCにかかる負荷が結構軽めです。

ウィルススキャン時も、他に何も操作してなければ付加率が30~40%くらいとそれなりにありますが、他の作業をしてる時は自動的にスキャンスピードを下げて付加率を落としてくれるらしく、スキャンしてるって煩わしさが全然無かった。
ただ、どっかのサイトではウィルススキャン時でも付加が20%くらいしかないって書いてあったけど、そこまでは低くならなかったですね。

2nd PCのXPマシンにも入れてみたところ、今度は一転して高負荷になっちゃいました。
搭載してるCPUが結構古いAthlon 64 3200+ってこともあるけど、スキャン時の付加は90~100%とかなり高め。
明らかに快適度が下がります。

ずばり、VISTAを使ってる人にはかなりお勧め出来るし、XP使ってる人にはまぁ、普通ってところかなぁ。
普通と言っても、防御力は十分にあるわけで、ノートンやバスターと並べても遜色無いくらいって事です。


ただし、不満点もいくつか。

このソフトを2台に導入してから、メインPC → 2nd PCのフォルダは見えるのに、2nd PC → メインPCは見えなくなってしまった。
ファイヤーウォール設定を変更してみてもダメ・・・。
たぶん設定の仕方がマズイだけな可能性が高いんですが、「OneCareサークル」って簡単にネットワークが構築されるって機能を売りにしてるだけに、それは無いんじゃないかと。

もう一つは2台以上に入れてる場合、ハブPC(ネットワークの親PC)からその他PCのセキュリティ状況を監視してるんだけど、これの反応が悪い。
2nd PCで少し問題があると速攻でメインPCの状態アイコンが黄色信号になるんだけど、2nd PCで対策を取って問題解決しても、メインPCを再起動するまでは黄色信号のまま。
気にしなければ良いだけなんだろうけど、どうにも気になるんですわ!
リアルタイムで反応してくれ・・・。

そしてもう一つ、細かい事なんだけど、VISTAを入れてるメインPCでだけ起こる問題として、OneCareの状態アイコンが常駐タスクバーの隠れ領域に入っちゃうこと。
普通、セキュリティソフトはタスクバー右端で常に表示されてると思うんだけど、それが隠れちゃうからパッと見、セキュリティ保護されてるのかどうか不安になってしまう。
これ、何で隠れる設定になってるのかなぁ?
それとも僕のPCだけの状況・・・?

まぁ、少しの不満点もありますが、価格の安さと動作の軽さ(特にVISTA)で十分合格点を付けれる内容だと思います。
VISTAを使ってて次に何のセキュリティソフトを導入するか悩んでる方、一度OneCareのお試し版でも使ってみてくださいまし。
スポンサーサイト
テーマ:セキュリティ
ジャンル:コンピュータ
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。