FC2ブログ
人生、初ハードコート
2009年01月20日 (火) | 編集 |
先週日曜日、2年ぶりくらいでシングルスの試合に行ってきました。
場所は大東市にある深北緑地公園。
予想してたよりも場所が遠くてちょっと疲れた・・・。

ただ、この日は思いっきり午後から雨予報。
午前中から降ってくれれば中止だけど、午後からだから試合は開催されるし、1時間以上かけて会場に行って帰りは雨降り確定の中を帰らないとアカンっといった重~い気分で出発。
そしてホントに午後1時30分過ぎくらいから降り出して、試合は中止、結構な雨の中を1時間以上かけて帰ってきましたよ・・・。

今回の試合、最低4試合は出来るって事だったけど、雨で2試合のみ消化。
半分しか出来なかったから参加費も半分くらい戻ってきた。
2年前に出た「地獄のシングルス」に比べたら、涙が出るくらい良心的ですな~!
「地獄のシングルス」は予定試合数の半分も出来なくても6,000円払って戻り0円、次回参加時1,000円引きなんて最低のシステムですからね!
って今更愚痴書いてる俺って・・・。


前置きが長くなりましたが、この試合会場のコートがハードコートだったんですよ。
題名にも書いた通り、僕にとってハードコートは人生初!
高校時代の軟式はクレーかオムニ。
こっちで公式を始めてからは100%オムニでしかテニスしたことがない。
試合はもちろん、練習を含めても始めてだったりします。
初ハードが試合・・・。

そんな感じで始まった試合の1試合目はおっちゃん相手に6-1。
全然打ってこない相手でほわ~んとした球しか返ってこないから、コートの違いも特に感じずにプレー出来てしまった。

2試合目は逆に1-6・・・。
相手的にはコートカバー範囲はけっこう広めで拾いまくるって感じ。
強打は持ってないからそれほど怖さは無かったんだけど、スピン量が結構多めでタイミングが全然合わん!
8割以上ネットにかかるって感じで最低な試合内容・・・。

3ゲーム目くらいまではな~んでこんなにタイミングがずれて振り遅れるの?って思ったんですが、ハードコートだってことをすっかり忘れてたりします・・・。
左効きの人相手に5~6ゲーム目くらいまで気づかない事もある阿呆ですからね・・・。

ハードコートだって思ってから改めて返ってくる球を見てみると、やっぱりハードコートはバウンド後の伸びが違いますね~、当たり前だけど。
ワンバウンド後にオムニのタイミングで待っちゃうと、ほとんど振り遅れまくりです。
普段からタイミングずれる事が多いのに、初ハードではタイミング合う事の方が珍しいって感じで、終始ネットにかけまくって終了しました。
相手の人に申し訳ない試合をしてしまったことに反省・・・。

この後は上で書いたように雨降りで中止になったんですが、やっぱりある程度はハードコートでの練習もしないとアカンですねぇ。
壁打ちコートはコンクリートだけど、あんな死んでるボールじゃ相手のスピンの効いたボールの返球練習になんてなる訳ないし。
とは言え、この先、ハードコートで練習する事があるかと言ったら、たぶん殆ど無さそうだし・・・。

恐らく次ぎのハードコートもまた、今回と同じ会場での試合になるような予感がします・・・。
スポンサーサイト



テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
ミックスの試合
2009年01月13日 (火) | 編集 |
先日11日の日曜、亀岡の総合運動公園でテニスの試合に出てきました。

試合と言っても、いつも参加してるサークルの人が主催してる個人試合で、そこのサークルの人達が8~9割を占めるお祭みたいなものです。

去年10月末から初めてダブルスの試合に出始めて、これで3回目。
最初の試合だけ男WとミックスW、後はミックスWのみ。

何度か試合に出てみてるうちに、個人的にはダブルスに魅力を感じないんで自分から出る事は無いんですが、誘われたら出ようかなって思えるくらいになりました。

この11日も半分お祭試合みたいなものなんで、最初の3試合はお祭ムードでサクサクっと3連敗・・・。
いつもやらない、出来ないような小細工をスコアを気にせず色々やって、遊んで、負けまくり。

6試合予定の半分をこんな感じで負けちゃったのと、4試合目の相手が、相方さんが「前は良く教わった人だし、ちゃんとしてる姿を見せたい!」みたいな事を言ってたので、マジメにプレーしてようやく1勝。

その次ももう一つ勝って、その日最後の試合の相手がなんかとっても態度の悪い相手・・・。

しゃべり方もなんか偉そうな感じを受けたんだけど、待機姿勢もやる気無さそうな、少し偉そうな感じのオーラが出まくりで、ちょっとイラッとくる感じ。
折角の試合で最後の相手がこんなんだと、その日1日がすごい感じ悪くなるし、さらに負けでもしたら最悪な気分に・・・。
相方さんの背中からも「気に入らん!」ムードがむんむん・・・。

ってことで、この最後の試合だけは本気で頑張ってみました。
僕らと当たるまでは全勝してた相手だからどれだけ強いのかと思ってたら、なんかそうでも無い?って感じが。
えらそうなおっさんも多少ボレーの精度は高いものの、当てて返すだけのボレーだから全然怖くないし、ふわっと返ってくるから最近練習中のドライブボレーを打ちまくり。

そのドライブボレー、女性のふんわりサーブなど、チャンスボールの7割くらいはおっさん方向めがけて全力ストローク!
こんな時は自分の集中力も良くなるのか、1stサーブもエースとれるし、いつもは中々入らないストロークもバンバン入る。
おっさんの雰囲気もどんどん悪くなってくるのが丸見えで、ついついいい気味だと・・・。
結果、6-1であっさり勝ったんだけど、少しは大人にならなアカンかなと感じた試合ですね・・・。

まぁ、この試合のおかげでスッキリ気分良く、その日の試合を終えることが出来ましたけど!


次は同じペアで初の市内草大会に出てみる事が決まりました。
これまでは1,500円払ったら最低4~6試合出来る大会ばっかりだったから勝っても負けてもそれなりに楽しめたけど、今度の草大会は予選2試合の内、1つでも負けちゃうと予選敗退が決定。
2,000円?くらい払って2試合で終わるような試合は初めてなんで、少し不安な感じです(相方に対して・・・)。
どうなることやら・・・。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
ミックス
2008年12月15日 (月) | 編集 |
前回のブログで書いた簿記2級不合格、なんと68点でした!
70点で合格、最低でも1問2点の配点。
ってことは、たった1問差で不合格!!!

試験直後から合格か不合格かがすごく微妙だと思ってたんだけど、ここまで微妙な点差で不合格だったのは正直悔しすぎる・・・。
どうせなら10点くらい足りない方があっさり認めれるわ!

まぁ、1問差で合格したところで、逆に1問間違ってたら不合格だって事だし、情けない点数には変わりないけど。
2月の試験、80~90点取って文句が出ないような合格のしかたをしてやる!!


表題のミックスですが、ここ最近、テニスでミックスの試合に2回出ました。
1つはいつも参加してるサークル主催の大会、1つはそのサークルの中の1人が主催する大会。

今までは全くダブルスの試合なんて興味も無かったんですが、実際に参加してみると、今までずっと考えてたよりは楽しめるもんだなと。
まぁ、シングルスと比べたら圧倒的にシングルスの方が楽しいんだけど、ミックスはミックスで気楽な試合としては有りかなと。

ただ、ミックスはやっぱりやりにくい!
この2つの大会が両方とも知り合いだらけってこともあったんだけど、どうも女の人がネットに立ってるとそこには打ちにくいもんだからコース、戦法が単純になってしまう・・・。

気にせず普通に打てば良いやんって言われるけど、やっぱり間違って顔にでも当たったら嫌ですしねぇ。
コートの中じゃ事故で人に怪我させちゃっても罪にはならないって聞いたことあるし、実際顔に当たる事なんて1割未満の可能性なんだけど、どうにも意識しちゃって駄目なんですよねぇ。

相手の女性のレベルが低い場合は当然として、明らかに自分より上のレベルの人でも女の人ってだけで全然打てません・・・。
上手い女の人には大変失礼な事なんだろうけど、打てないもんは打てないんです!

しかもミックスならまだ男がいるからそっちと勝負したら良いけど、たま~にミックスなのに女子ダブルスと当たることがあって、そうなると最悪・・・。
いつもどうしたら良いかわからなくなっちゃうんですよ。

何でも出来る器用なテニスをする人は色々な戦法で戦えるけど、僕は打ち込んでなんぼのテニスしか出来ないから、打てなくなると何も出来ん状態。
攻められて、困った時は一発逆転の前衛アタックって手法も女子ダブルスじゃ絶対使えない。
ホント、やりにくくて困りますわ。

器用なテニスが出来ない自分の下手くそテさが問題なんですけどね・・・。

今月も1回ミックスの練習会があって、来年1月にも1回試合に出ます。
何とか細かい器用な事ができるように頑張ってるんですけど、無理やろうなぁ・・・。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
Aerogel 4D 300 Tour
2008年10月12日 (日) | 編集 |
昨日、アプローチ京都店へガット張り替えに行ったところ、お店の奥から「これ、期間限定で借りれたんですけど、遊んでみますか?」って出てきたのが、先日発表になったばっかりのDUNLOPのNEWラケット、「Aerogel 4D」シリーズ。

200、300、300Tour、500と揃ってたんですが、スペック的にも見た目的にも良いなって思って試打させてもらったのが「Aerogel 4D 300 Tour (エアロジェル 4D 300 ツアー)」。

Aerogel 4D 300 Tour

発表自体はネットで知ってたんですが、元からDUNLOPのラケットには全く興味がありませんでした。
だって、自分的に一番好みのスペックの200シリーズは毎回ブルーの色がメイン(色以外にもストリングパターンなどでNGですが)。
ブルーのラケットが一番好きじゃない自分としては、最初から検討の対象にもなってなかったんですよ。

でも、この300ツアーの実物を見てみるとスゴク格好良い!
黒を基調に赤をワンポイントとしたカラーリングも渋いし、さらにスロート部分のサイドにはカーボン柄、フェイス両サイドの「DUNLOP」ロゴがある部分はツヤ消しのマッドブラック。
めちゃくちゃ格好良いですよ!!

そしてスペックは、
フェイスサイズ:98
フレーム厚:20mm
重量:305g
バランス:310mm
ストリングパターン:18x20

今シリーズの中では一番ハードスペックになってるんじゃないかな?
一番上の位置づけの200とフレーム厚は一緒だし、ストリングパターンが16x19より細かい。
多少面が95→98なのと、重量が312g→305gって軽くなってるくらいで、ほとんど変わらないんですよね(たぶん今のAerogelみたいに200には18x20パターンのモデルも発売される可能性高いけど・・・)。


ところでこのスペック、どっかで見たことありますよね?
そう、HEADでも売れ筋の「ラジカル」とほぼ同じスペックなんです。
最近ハヤリのゴールデンスペックと言われるピュアドラスペックよりもラジカルスペックの方が個人的には打ちやすいのに、あんまりないんですよね、このあたりのスペック。


ガット張り替えの待ち時間を利用して4分だけオートテニスをしてみましたが、やっぱり良い!
以前HEADのLMラジカルMPを使ってたことがありますが、今でも一番素直に扱いやすいと感じるのは、実はこのLMラジカル。

そしてそれと似てるスペックなだけあって、めちゃくちゃ素直です。
しかも従来のAerogelは打感が硬めでキンキンするって言われてたらしいですが、今回のこれは多少硬めの打感かとは思ったけど、全然キンキン音も無く、なかなかシッカリした打感でした。

オートテニスしかしてないんでストロークのみですが、バックハンドのドライブがめちゃくちゃ打ちやすかったです。

このラケットはホントに万人にお勧めできるんじゃないかってくらい癖が無くて打ちやすいし、何よりも持ってて格好良いってデザインが最高です。

軟式出身者の人とか、初級以上でストローク好きな方には是非一度試してみてもらいたいですね。
しつこいけど、ホントに打ちやすいですから。


完全に勝手な予想ですが、このラケット、馬鹿売れしそうな予感。
もしこれがWillson、Babollatあたりから出てればどこのコートでも見かけるくらいのラケットになっても全然おかしくない!

僕はもう少し面が小さくて、フレーム厚がもうちょっとだけ薄いのが好みなんで、今のPure Storm Ltdで行きますけど、もう少し歳を取ってPure Stormが厳しくなったら是非欲しい一本です。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
adidas ラケット!
2008年09月07日 (日) | 編集 |
皆様、ごぶさたしております。
最近は訓練校での簿記2級の勉強がなかなか難しい+自分の趣味?で取ろうと思ったFPの勉強もかなり難航してて、そっちにかかりっきり。
ブログを更新する暇もなく、勉強に集中してた訳です!!

普通に週2~3回はテニスに行ったりしてるんですけど・・・。


例年、8月~9月にかけてラケットメーカー各社から新モデルが発売・発表になる事が多く、今年もやっぱり色々出るみたいです。

その中でも驚きなのが、正式発表はまだみたいですが、adidas から公式テニスラケットが発売されるそうです!

いつ頃かも、どんなデザインでどんなスペックかも全然わからないんですが、まさか adidas からラケットが出るとは考えたこともなかったんで、めちゃくちゃ驚きました・・・。

完全な噂ですが、ジョコビッチを Willson から引っ張ってこようとしてるとか!?
ウェア類は今でも adidas だし、ベストと言えばベストですが、世界3位の選手を Willson が離すハズが無さそうですけど・・・。
第1号ラケットだし、かなりの契約金額が動くんでしょうか・・・。
うらやましい!


その他の新モデルで、個人的に注目してるのが

1,BRIDGESTONE X‐BLADE ZERO / X‐BLADE FORCE
2,Prince EXO3 グラファイト 93 / EXO3 レベル 95


BRIDGESTONE X‐BLADE ZERO / X‐BLADE FORCE
1,は名前の通り、X-BLADEの後継機で、今回はスピン系、フラット系と2種類に分けてきましたね。
僕が気になるのはやっぱりフラット系の ZERO。
325gの重さとフェイスサイズ94、そして18x20のストリングパターンが、ピュアストLtdと同じで今の自分的なベストスペック!
フレームの8.5mmって正面厚がすごい気になる!

ピュアストLtdの2本目を購入しようと思ってたんですが、とりあえずこの ZERO を試打してから決めようかと。

でもBRIDGESTONEさん、ラケットデザインが ZERO も FORCE も、前モデルの X-BLADE も非常に古くさいと言うか、ダサイのはなんとかなりませんか・・・?


Prince EXO3 グラファイト93 Prince EXO3 レベル95
2,のEXO3 グラファイト は今時にしては珍しいスロート部にブリッジ付き。
昔のグラファイトを彷彿させる色とデザインですね。
スペック的には EXO3 レベル95 がストリングパターンが密で気になるところなんですけど、個人的に Pricne ってところがNG・・・。

なんとなく女性ブランドって気がして、今まで買ったことも無ければ、ほとんど使わせてもらったことすら無いんですよね。


毎年この季節はどこのメーカーがどんな新モデルを出すのか、いつも楽しみにしてます。
とりあえずは adidas のラケット、これがどんなんかを楽しみに待ちましょう!
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
ナダルが勝った!!
2008年07月07日 (月) | 編集 |
2008年のウィンブルドン 男子シングルスの決勝戦で、苦節3年、ついにナダルがフェデラーを破って優勝した!!!!!

1、2セット目はナダル6-4、6-4で2セット連取。
まずこんな状況は一切考えた事もなかった訳で・・・。
恐らく誰も考えてなかったと思う訳で・・・。

1セット目2-2の時にナダルがフェデラーのサービスをブレイクして、そのままこのセットをキープ。
最後のセットポイントはなかなか取れなかったものの、なんとかギリギリでキープ成功。

2セット目はいきなりナダルがブレイクを許すも、2-4からブレイクバックを成功させて、さらにもう一つサービスブレイク!
そのままセットを連取。

迎えた3セット目、ゲームカウント3-3でフェデラーサーブの時、0-40まで追い込んだのにここからすごいサーブで一気にキープされた時は、「この試合、最大の勝つチャンスを逃した・・・」と思った・・・。

ここで1回目の雨天中断。
流れがナダルだっただけに非常に悔しかったけど、しょうがないので1時間待ち。

約1時間で再開された直後、ナダルがしっかり自分のサーブをキープ出来た時はかなり安心しました。
その後、お互いのキープが続いてそのままタイブレークに突入。

タイブレークになると去年の試合でもそうだったけど、サーブで1発の無いナダルにはかなり厳しくなるのは目に見えてるし、その通り5-7でフェデラー。
少し嫌な流れ。

4セット目。
そのままフェデラーはサービスエースも交えて比較的楽にサービスキープ。
なんかどんどんサーブも良くなってたし、流れはフェデラーって感じに。
逆にナダルは毎ポイント、ラリーになって何度もキープに苦しみながら、それでもキープ。

そして2度目のタイブレーク。
個人的にはもうタイブレークに入った瞬間、「また取られたな。このままいったらたぶんフェデラーが大逆転勝利だろう」って完全に諦めモード。

が、このタイブレークでなんと、ナダル5-2リードに!!
ここまでのポイント差があれば、いくらサービスエースが取れなくてもセットを取れる!
優勝だ!!
って思ってたのに、いきなりWフォルト・・・。
次のポイントもラリー戦で負けて5-4。
そしてフェデラーのエースも交えて5-6・・・。

この後、めまぐるしくセットポイント、チャンピオンポイントが入れ替わる、超白熱した試合内容!
この時はもうナダルのポイント奪取に一喜一憂。
部屋の中を夢遊病のようにウロウロしながら観戦してました。

お互いにスペシャルショットを連発するなか、最後は王者のプライドなのか、フェデラーのショットでセット奪取。
さすがにこの時はベットに倒れ込んだ・・・。

ついに最終セット。
去年と同じようにファイナルセットまでもつれて、お互いキープ合戦の4-4。
な~んと、この時点で2回目の雨天中断!
もう4時です・・・。

明日、訓練校で勉強&明日から本格的な授業に突入するから、さすがに寝ないといけない・・・。
ここまで3年に渡って応援し続けたんだから最後まで見たかったけど、現実的に無理だったので諦めて就寝。
この2度目の雨天中断まではPCで録画もしてたんだけど、いつ再開するかもわからない状態で録画を続けることも出来ず(ファイルサイズが恐ろしくなる為)、しかもたぶんフェデラーの大逆転勝利だろうって諦めモードも入ってた。

そして8時に目覚めて速攻でニュースサイトを見てみると・・・、なんと、ナダルが勝ってるじゃないですか!!!
しかもゲームカウント9-7。
どんな熱戦、接戦が繰り広げられたかは想像に難くないっすよね。
あ~見たかった!!
本気で見たかった!!!
なんでこんな大事な時に見なかったんだ・・・。
徹夜してでも見るべきだった!!!!!
しかも録画してないし・・・。

3度目のチャレンジで初の優勝、そして6連覇のプレッシャーから解放された王者の顔。
見たかった・・・。
絶対になんとかして、録画してた以外の映像を手に入れてやる!!!


それにしても、このナダルの優勝もあって、フェデラーの時代が終わったって風潮が流れてるけど、こんな事を言ってる人って何を見てるんだって感じませんか?

相手がナダルだったからこれだけ苦しめられて最後は負けちゃったけど、ナダル以外の相手にはどの大会でも、このウィンブルドンでもつけいる隙さえ与えずに圧倒的な強さで勝ってるんですよ?

ナダルのエッグボール+ナダルのバックに集める作戦がフェデラーにとって特に相性が悪かっただけで、それ以外の相手にはまだまだ負けることは無いでしょう。
あの人外のスペシャルショット連発は凄まじすぎる・・・。

さらにウィンブルドン6連覇のプレッシャーが無くなったフェデラーはさらに強くなるんじゃないかな?
しかも今度はナダルに全仏5連覇のプレッシャーがのしかかってくるし、追われる立場になりますね。
次の全仏はめちゃくちゃ面白そうです。


逆にナダルはこのウィンブルドンを勝ったとしても、まだまだポカ負けはするでしょう・・・。
ナダルがポカ負けした大会ではフェデラー。
両者が決勝でぶつかった時は、その時によりベストな球を打てた方が勝つ。

個人的にはアンチフェデラーですが、フェデラーの強さは素直に素晴らしいと思います。
あの強さはまだまだ健在だし、今度のオリンピックの金メダル候補は間違いなくフェデラーであることには変わらないでしょうね。


この歴史に残る大勝負を観戦出来たことが、ここ数年で一番興奮したし、感動しました。
早く残りも見ないと・・・。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
肉離れ?
2008年07月06日 (日) | 編集 |
Babolat Pure Storm Ltd を使い始めてから約1週間が経ちました。

この1週間で4回ほど社会人サークルで使用してるので、1stインプレより細かなインプレをしたいところなんですが、実は右腕の上腕二頭筋を痛めてしまいまして・・・。

先日からサーブ練習に精を出してたんですが、このサーブ練習の時に変に捻ってしまったようです。
腕の曲げ伸ばしは全然平気だけど、捻る動作で激痛が。

なので、まずサーブは全然打てません。
そして、曲げ伸ばしは痛くないんですが、伸びた状態での衝撃にも激痛が・・・。

今、フォアハンドで今までよりも体の回転を使った打ち方の練習をしてたんだけど、そのうち方をすると少し打点での肘が伸び気味になります。
この伸び気味の状態でボールを打つと、やっぱり激痛が・・・。

でも何故かバックハンドだけは全然痛くない。
たぶん使う筋肉が違うからだろうけど、どんな打ち方をしても全然痛くない。
が、1stインプレで「バックハンドは良くなるかも」なんて書きましたけど、その間逆でバックハンドが絶不調・・・。
たぶんラケット変更によるバランスやらなにやらが変わったことで打点がズレズレ。
折角痛くないバックハンドなのに、まともにコートに入りませぬ!

もう一つ、右手中指の第一関節も痛めてまして・・・。
ここを痛めてると、今度はコンチネンタルグリップで打つ球の全てに鈍痛が。
サーブはまだしも、ボレーではもろに衝撃が中指にくるので痛すぎ。
バックハンドのスライスも痛すぎ。

アカン、まともに打てるのがバックハンドのドライブしかないのに、それが不調だと何も出来ない・・・。

中指関節と右の上腕二頭筋、ここが良くなるまでテニスを休むのが良いのはわかってるんですが・・・、時間があって暇な時はガマン出来ないんだもん!!
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
TennisWarehouse から届きました!
2008年06月27日 (金) | 編集 |
先日注文してたラケットとグリップテープが TennisWarehouse から届きました!!

24日(火)の夜に注文して、27日(金)の到着。
約3日で届くなんて、ほんとに海外からの通販かって思えるくらいの素早さです!
配送状況が細かくネットで確認できるのも、安心感が高くてGoodですね。

これは受注確認メールの時点でわかってた事ですが、何故かラケットがネットに出てる価格より安くなってるし・・・。
当然高いよりは良いので素直に喜んどきます。
また、やっぱりクレジットカード支払い証明だとかは要求されませんでした。


今回の内訳
・Babolat Pure Storm Ltd ・・・ 159$(サイト上は179$)
 (グリップ3(3/8)、ストリング無し)
・Yonex Super Grap 30 Pack Overgrip White ・・・ 26.99$
商品トータル ・・・ 185.99$
国際送料(UPS) ・・・ 39$
総合計金額 ・・・ 224.99$

注文した時のレートで 1$=107円 だったので、24,000円ちょっとって感じかな。
実際にクレジットカードからの請求が来るまで正確な金額はわかりませんが、そんな感じでしょう。
この金額に国内での消費税が500円だったので、それが加算されます。


初めて TennisWarehouse を利用しましたけど、特に何の問題も無く、スムーズに利用する事が出来ましたね。

他にもタイミングによってはラケットがセール価格で異常に安くなってたり、ガットなんかは常に国内の半額以下、グリップテープも半額以下で購入出来るんで、またちょくちょく利用することになると思います。
ここの価格を見てると、いかに代理店が手数料をボッてるのかがわかりますね・・・。
あの価格で利益がまだ十分あるってことですから・・・。

TennisWarehouse を賢く利用する方法としては、
・国内未発売モデルのラケットやウェア、バッグを買う
・グリップテープ、ガットを買う
・セールで爆安になってるラケットを買う

逆に、あまり旨味が無い商品としては、
・普通の価格の最新モデルラケット(それでも国内よりは数千円安いけど)
・日本でも売ってるバッグやシューズ(シューズはオールコートばっかり)

あまり旨味が無いと思われる商品の場合でも、例えば他の人に便乗する or してもらう場合での、ある程度まとまった数での注文なら、それなりに旨味が出ますので利用価値は十分にあると思いますよ。


後、ラケットを買う場合の最大の欠点が、重さやバランスの指定が出来ない。
さらに同じラケットを複数本購入する場合でもスペックを揃えてくれない。
これが少しネックですね。

特に今回のバボラなんて結構スペックのバラツキが出るメーカーなんで、2本買う場合はそれなりの覚悟が必要かと。
僕の場合はとりあえず良いか悪いか試したいから1本。
もしベストだったら2本目は1本目に合わせたバランスで国内ショップから購入予定ってな感じなんで、それほどデメリットではありません。
1本目もすぐにリードテープで重さ・バランス調整しちゃうし。

人それぞれでメリット・デメリットは変わると思いますが、TennisWarehouse を使ってみようかなって思ってる方がいたら、一度思い切って注文してみたらいかがですか?
トラブルが出ても責任は負えませんけど!
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
TennisWarehouse を使ってみた!
2008年06月26日 (木) | 編集 |
先日、24日(火)の夜に、海外のテニスショップで一番有名な「TennisWarehouse」からラケット1本とグリップテープ30巻きを1個、注文してみました。

あまり通販を利用しない人にとっては、海外通販ともなると、
・英語が出来ない不安
・海外サイトでクレジットカードを使う不安
・ちゃんとモノが届くのかの不安
・まともな商品が届くのかの不安
等があるかと思います。

もちろん僕も多少は不安ありますけどね。
英語なんて中学生入学レベルって感じですから・・・。

まぁ、でも、こんな状態の僕でも以前、海外のサイトからPC用周辺機器のトラックボールを購入したことがあるし、しかもその時、送ってきた商品に不具合があって、返品・交換の経験まであるのでそんなに不安を感じてなかったりします。
O型の典型でこの辺はかなり楽観的です。

基本、英語なんて出来なくてもOK。
届け先の住所はたぶん皆さん、1度は見たことあると思うけど、番地+部屋番→町名→区名→市名と逆に書くだけ。

サイトの信憑性は、もう十分すぎるくらい他の人が利用してる実績がある(検索してみると沢山の利用履歴が出てきます)のと、ATPのオフィシャルショップにも認定さてれるようなので安心。

なので利用手順としては、国内の通販サイトを利用してるのと同じような感じで利用出来ますね。
届くのもかなり早いみたいだし、下手な国内通販サイトよりシッカリしてるとか。

一番の不安は「ちゃんとしたモノ」が届くかどうか。
国民性の違いと書いてしまえばお仕舞いだけど、日本人感覚だと「新品は綺麗なモノ」って思いますよね。
例えば大きな塗装欠けや擦り傷なんかがあると検品ではじいて、綺麗な商品しか並べないとか。

でもそこは大雑把な国のアメリカですから、過去の先人たちによる履歴を見てもやっぱり国内だとNGが出るような状態のモノでも普通に販売されてるみたいですね。
ほとんどそんな感想は見つからないので、かなり希みたいですけど。


後、初めての注文時やある程度の金額以上だとクレジットカードでの支払い証明だとか、身分証明をFAXかEメールで送ってくれと要求があるって話を聞いたことがあるんですが、どうやら今回は無かったらしい。

2点で総額200$を超えてるんだけど受注確認メールがそのまま来て、後は待っとくだけでOKっぽいです。
ラッキー♪
別に要求されても大丈夫なんだけど、面倒くさい手続きは少ないに越したことはないですからね。

ちなみち、もし要求されたらですが、クレジットカード支払い証明はメール本文に文章が書かれてくるっぽいので、そのメールをプリントアウトして、サイン。
それをデジカメで写真撮影。
身分証明書は免許を、クレジットカードの表面裏面と併せて写真撮影。
これを添付ファイルで送ればOKのようです。

さ~て、何日に届くのかな~。
”ちゃんとしたモノ”は届くのかな~。
楽しみでもあり、少し不安!
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ
Dual Coil チャレンジ!!
2008年04月22日 (火) | 編集 |
先日20日(日)、大阪の江坂テニスセンターで開催されたブリジストンのテニスイベント、「Dual Coil チャレンジ」に参加してきました。

ブリジストンのテニスラケット「Dual Coil」の試打会で、ただ試打をするだけじゃなく、元全日本チャンピオンの福井烈さんのテニスクリニックを受けながら、最後にDual Coilを使用してフォアハンドストロークのスピードを計測しましょうってな内容のイベントです。

以前から自分のフォアのストロークスピードを測ってみたいって思ってた自分にはうってつけのイベント!
3月の中頃にブリジストンのホームページから申し込んでたのが、見事に当選してくれました。

が、実はこのイベントのためにDual Coilの3.15(315g)を試打してみたんですが、まったく自分には合わずに意気消沈。
この日も前日に人の家に遊びに行った後、一睡もせずに徹夜で参加する事に。
参加もやめようと思ったんですが、折角だからって事で行くだけ行ってみたってのが正直なところ・・・。

こんな感じなんで、まったく期待もしてなかったんですが、いざ参加してみると気分も一転、めっちゃ楽しいイベントですごい満足!!


簡単な流れを説明すると、

当日は10:00~12:00の2時間。
まずは福井さんのテニスクリニックから開始。
簡単なウォーミングアップ体操の後、球突きウォーミングアップ、球出しからのストローク、チャンスボールの打ち込み、アプローチからのボレー、ボレー&スマッシュ、ダブルスの練習。
そして最後にスピードコンテスト。

玉突きウォーミングアップの時でも、めちゃくちゃ難しい事を平然とやってるのがスゴイです・・・。
膝下での高速玉突きや、スピンをかけて打ち上げながら、そのボールを包むようにラケット回す等、いざやってみると超難しい。

クリニックと言っても特に福井さんからのアドバイスなんかが有るわけじゃなく、ひたすら球出しボールを打つ練習だけなんだけど、福井さんが作るその場の雰囲気も和気藹々としてて面白いし、時々見せる福井さんのプロの顔・打球が、これまた緊張感を増してくれる。

しかし福井さん、喋ってる時は時々冗談を挟んで笑いを取る、ただ人の良いおっさんなんだけど、時々かいま見せるプロの意地みたいなもんはスゴイですね!
僕ら素人との打ち合いの中でも、時々ものすごい打球が飛んでくる。
自分が待ってる時間帯でも、他の人が取り損ねた、すごいボールが飛んでくるから気が抜けない(笑

人から「薄い握りで一昔前のテニスをする」って聞いてたけど、確かに握りは薄いがそのグリップからじゃ想像出来ないようなスピードのボールを打つんだもんな・・・。
日常は全日本レベルの人たちと練習してるって言ってたし、僕らとは明らかに土俵が違いますわ。

福井さんにしろ、(僕の大嫌いな)松岡修三にしろ、素人や年齢に関係なくムキになって勝負してくる、普通だと「大人げない」と思われるような球をどんどん打ってくる、そんな負けず嫌いな性格じゃないと、プロの世界じゃやっていけないんでしょうね~。


クリニックの後はいよいよスピードコンテスト。

ネット付近に立ってるスタッフからサービスライン付近に軽く球出しされて、それを思いっきり打ち込んでスピードを計測します。
(自分にとっては)肝心のバウンドの高さは腰くらいの高さ。

練習で2球、本番で5球。
当然、コートの中に入らないと記録無しのNG。

サクッと結果から発表すると、記録136kmで本日、午前の部では1位でした。

DualCoilチャレンジ
一応、認定書なるカードも貰えました。

1位を取れたことは嬉しいんですが、スピードとしてはあんまり早くないなぁ・・・。
去年のランキングで見たら80位程度、今年の現ランキングでも40位程度としょぼしょぼ。

出来ればもう少し高いバウンドの球を打ちたかったな~。
腰の高さじゃなく、肩の高さくらいで思いっきり打ち下ろさせて欲しかった・・・。
まぁ、同じ条件にしないとダメなんだからしょうがないんですけどね。

また、Dual Coilを使っての計測しかなかったんだけど、「Dual Coilはスピードが出るんです」って事を売りにしてるなら、普段自分が使ってるラケットでもスピードを計測させて欲しかったかなって思います。
普段のラケットよりスピードが出たら「ほらねっ!」って感じで、さらにアピール出来ると思うのになぁ。
逆の可能性もあるけど・・・。

福井さんが言ってましたが、フォアのストロークスピード、男子プロでだいたい130kmくらいだそうです。
常に130kmくらいの速さで安定して打てるのはさすがにプロですね!

少しでもそのレベルに近づけるように精進しましょう!!
フォアストロークだけで良いので・・・。
テーマ:テニス
ジャンル:スポーツ