FC2ブログ
ミニベロ20 取り付けパーツ
2008年08月17日 (日) | 編集 |
Bruno Minivelo20_03
Tranz-X CD-109A
購入価格:1,575円

センタースタンドです。
チェーンステーに取り付けるタイプよりも折りたたんだ時にスッキリ収まるし、強度的にもチェーンステー1本で支えるよりはシッカリするかなと。

写真でもわかるように、取り付け部分は非常にみすぼらしいと言うか、汚いです。
傷付防止の為に3mm厚のゴムシート+強力両面テープで固定してます。
スタンド本体とゴムシートの間に両面テープを付けて、フレームとゴム面は何も無しです。
ゴムシートも他のモノに色写りしないタイプのゴムシートを選びました。

まぁ、パッと見は汚いですが、はみ出すくらいのサイズにした方が楽なんですよ・・・。
※実はここに至るまでに何度か失敗してフレームにも結構な傷が・・・。

でも、やっぱりスタンドの有り無しは全然気軽さが違いますね。
どこでも止められるって安心感は絶大です。


Bruno Minivelo20_04
日東 NTT-225 100mm
購入価格:2,500円(納車時特価)

最初から付属してるステムは首の長さ150mm、突き出し約85mmくらいのものだったんですが、僕の身長だと少し狭くて、ハンドル位置も低すぎたので交換してもらいました。

ハンドル位置が低くてもロードで慣れてるんですが、街乗り用の自転車だから高い方が楽だって事で。
横からの見た目は少しダサくなっちゃいますけどね。

突き出しは、ノーマルのままの量でも何とかなったんですが、将来シートポストをオフセット無しに替えた時にさらに狭くなるので、それを見越して長くしました。


あくまでも街乗り用の自転車だし、それほどお金をかける気は全然ありませんが、今後ペダルをSPDにするかどうか、サドルをBROOKSにするかどうか、Wレバーに飽きたらSTIにするかどうかくらいは考えてます。
って、これだけ替えると結構な金額になるような気がする・・・。
スポンサーサイト



テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
バイクスタンド!
2008年05月26日 (月) | 編集 |
今、保有してる自転車、ロードとMTBの2台の置き場所として、ようやくバイクスタンドを導入してみました。

今までは1台ずつ、後輪だけを持ち上げるタイプのディスプレイスタンドで室内保管してたんですが、いかんせん2台分のスペースとなるとかなり場所を取りますよね・・・。
狭いワンルームの部屋に自転車2台、平置きには限界が・・・。

ってことで、下写真のバイクスタンドを購入!
(携帯のカメラなのでピンぼけ&白飛びはご容赦を)

TOPEAK ディスプレイスタンド
TOPEAK デュアルタッチ バイクスタンド
購入金額:13,677円(amazon)

通常は17,000~18,000円くらいで売られてるみたいなんですが、amazonで格安になってたのを見つけて即注文。

他にも色々なメーカー、種類のバイクスタンドが売ってるんですが、こいつを選んだ決め手は、少ないながらもネット上での評判の良さと、デザイン。

自立式のバイクスタンドは、気軽に場所変更できるって利点はあるんですが、設置床面積が大きくなりがち。
その点、突っ張り棒タイプは設置床面積が最小で掃除なんかの時も邪魔にならないのが良い。
他の突っ張り棒タイプも何種類かありましたが、見た目が安っぽかったり、自転車を保持するハンガーの形状がイマイチだったり。

ネットでもう少し大きい画像を検索してみてもらうとわかりやすいんですが、このTOPEAKのはポールの色も黒で大人しいし、ハンガー形状もデザインに凝りましたって感じでカッコ良い。
実際届いてみても、予想以上にシッカリした作りをしてました。

突っ張り棒タイプの欠点として、床と天井にピンポイントで圧力がかかっちゃうから多少設置には気を使います。
万が一ですけど、賃貸アパートの天井か床に穴を開けちゃったら非常にマズイ事になりますからね・・・。

なので、写真じゃわかりにくいんですが、天井と床、それぞれに10mm厚のスポンジシート、天井部分にはスポンジシートに加えて5mm厚のゴムシートも噛まして設置しました。
多少グッと圧力がかかってもスポンジシートが凹んでくれるので、床と天井へのダメージ軽減にはなってるハズ。
さらにこのスポンジ、ゴムシートが床・天井とポールの間の滑りをシッカリと抑えてくれてるようです。
設置圧力が弱いと自転車を担いだまま倒れて来かねませんからね・・・。

自転車の設置場所は、当然重たいMTBが下で、軽いロードが上。
その方が重心的にも安定するし、軽いロードの方が持ち上げやすい。

何よりも、2台置いてたスペースが半分の1台分になったことで、かなり部屋が広くなったし、掃除なんかもしやすくなりました!
そして見た目的にも自転車をインテリアの一部として見れるし、GOODです。

さらにさらに、フレームで保持してくれるので前後のタイヤを外した状態でもOKってとこが、購入後に気づいたポイント(遅っ)!
以前、リアタイヤの交換を部屋でやった時、リアタイヤを外しちゃうと、後輪持ち上げ型のディスプレイスタンドだと使い物にならなくて非常に困った事があるんですよね。
それが一気に解決出来る!

部屋のスペースも解決、メンテナンス時の問題も解決。
いや~、何でもっと早くに買っとかなかったのかな~。
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
SPECIALIZED TOUPE GEL
2008年03月27日 (木) | 編集 |
ロードレーサーのF70で今まで使用してたSella SMP「Strike Composit」、かなり気に入って1年以上(1,000km以上)使用してきたのですが、冬の間など、あんまり乗らない時期はケツが弱体化するのか、硬さが目立ちだして痛い痛い。

また、独特の形からケツの位置が強制的に決められてしまい、ポジションの自由度が少ない。
僕の場合はジャストな位置は2ヶ所のみだった。

ってな理由から、一度他のサドルを使ってみようかと思い立ち、早速新サドルを購入してきました。

SPECIALIZED TOUPE GEL
SPECIALIZED TOUPE GEL
購入金額:13,500円

サイズは座骨の幅に合わせて3種類有りますが、専用座骨計測器(?)を使って一番小さい「130mm」を選択。
色は無難にブラックを。

最初は同じSella SMPのStrike Evolutionか、もう一段パッドが厚めのStratos辺りにしようかとも思ったんですが、あの形状でパッドが厚くなればなるほど見た目がダサくなっていくので却下・・・。

新しく発売された時からデザインが格好良いなって思ってたTOUPEにしてみました。
GEL無しと有りがあって、有りの方が多少重たいんだけど、それほど大きな差は無いし、見た目もやぼったくなるとかはなかったし、弱体化したケツにはGELが良いだろうと思ってGEL有りに決定。

乗り心地はと言うと、実にソフトです!
Strike Compositに比べてですが・・・。

ごく一般的なサドルと比べたらそれなりに固めだとは思いますが、スポーツ用サドルの中ではGELのおかげでそれなりにソフトな感触だと思います。
町中をスローペースで走る程度なら、この柔らかさがとってもケツに優しい。

このサドルを付けた初回に買い物がてら町中を約50km走ったんですが、レーパン無しだとさすがにじんわりと座骨が痛くなった(ストップ&ゴーが多いし、スピード出せないからどっかり座って漕ぐことがほとんど)けど、ほぼフラットな座面のおかげでケツの位置替えがしやすくて、座骨のピンポイントの痛みを回避しやすい。

実はまだこのサドルとレーパンとで走ったことが無いから、サイクリングなどでの快適性はわかりませんが、とりあえず街乗り程度にはGEL入りが最高に楽ちんですね。
穴あきだからお股も痛くならないし。
なによりデザインが最高に格好良いし。


でもこのサドル、GEL無しの方が乗り手のペダリングに合わせてベースがしなって乗り心地が良いってインプレも見かけます。
あ~、気~に~な~る~。
でもそれなりの金額になるサドルを「とりあえず試してみたいから」程度で2つ買ってみれるほど裕福な生活じゃない!! orz
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
トライバッグ
2007年08月17日 (金) | 編集 |
自転車でツーリングしてる時に不便なのが収納の少なさ。

レーパン履いてるとパンツにはポケット無し。
サイクリングウェアの背中にある2~3個のポケットと、小さいサドルバッグくらいしか収納スペースが無いんだけど、そこにお金、携帯電話、家の鍵、(たまに)デジカメ、ティッシュなんかの日用品と、何かあった際の工具類が必要になる。

まぁ、今まででもウェアポケットとサドルバッグだけで殆ど不便はしてなかったんだけど、たまに少ないなって感じた事があったからから、写真のトライバッグを装着してみました。

TOPEAK トライバッグ オールウェザー
TOPEAK トライバッグ オールウェザー
購入価格:1,500円

このトライバッグには雨天用のカバーが有るタイプと無いタイプの2種類があるんだけど、数百円しか違わないなら雨天用カバーがある方が何かと便利だろうって事で、オールウェザータイプを購入。

装着場所はトップチューブとヘッドチューブにストラップで固定。
ちょっとヘッドチューブ側のストラップが長くて余り気味になっちゃうけど、特にデジカメなんかを入れても不安定にはならないから大丈夫っぽい。

バッグ自体はあまり大きくないから中にあんまり入らないんだけど、携帯電話や補給食(パンとかカロリーメイトなど)、デジカメ等を選別して入れておくのに非常に便利。

猛暑の時なんかは汗がしたたり落ちる場所になっちゃうんだけど、そんな時はカバーをかければ大丈夫だしね。

安い値段で効果の高い一品ですな。
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
ベル、付けてますか?
2007年08月13日 (月) | 編集 |
昨日のバックミラーに引き続き、もう一つ。
皆さん、ベル、付けてますか?

一般の自転車にはほぼ全てに取り付けられてる(筈の)ベル。
ロードバイクだとあまり町中を走らない or 走る場所は車道ってことでベル付きの自転車をあまり見ませんが、これが一つあるだけで以外と重宝する。

僕が選んだベルはコレ。

BBB ベル
BBB Bike bell Easy Fit
購入金額:598円

取り付け場所は当然ハンドルで、写真の位置。
ブラケット部からちょっとハンドルを握り替えたら手が届く、結構便利な位置だと思います。

大きさもこのくらいが丁度良い感じ。
大きすぎると取り付けNGになったり、邪魔になったりしそうだし。

そして実際はあまり使う頻度は高くないけど、CRでもおばちゃんや家族連れの並列走行で前が邪魔な時がたびたびあって、そんな時に優しく鳴らしてちょっと通して貰う。

当然町中だって走ることがあるし、歩道だって走る。
そんな時に何度もこのベルに助けられた事があるし、やっぱりベルは付いてないと不便ですね。

見た目は多少ダサイかもしんないけど、ダサさよりも便利さですよ!
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
バックミラー
2007年08月12日 (日) | 編集 |
バックミラー、付けてますか?
以前までは特に自転車ではバックミラーなんて必要性を感じてなかったんですが、CRを走るようになってからは「絶対あった方が良い」と思って、ずっと付けて走ってます。

何でかって?
ロードバイクって普通の自転車みたいにペダルを止めてもほぼ無音なんよね。
で、他の車種の自転車に比べて、真後ろに取り憑かれても圧倒的に存在感が無いんすよ!

さっきまでは真後ろに誰もいなかったのに、気がついたら真後ろにピッタリ張り付かれてる事とか、CRって幅が狭いからこっちが後の自転車に気づいてあげないと、後の人は抜きたくても抜けないって状況がある。
そんな事が何度かあったので、バックミラーを取り付けたと。

zefal SPY472
zefal SPYミラー
購入金額:1,700円

選んだのはzefalのSPYミラーって奴。
普通はバーエンドに取り付けるタイプだとか、ハンドルのどこかに取り付けるタイプが多いんだけど、コレはゴムバンドで取り付けるタイプだから比較的取り付け場所の自由度が有る。
そして僕は、写真のようにトップチューブに取り付けてます。

この位置でも、右足が上がってる状態だとしっかりと真後ろまで見えるので不自由無し。
真後ろまで見えるから、何か殺気を感じたらすぐにミラーを確認すると後に誰かが付いてる、追いついてきてるって事がわかって安心、安全なんです。

以前に友達とCRを走った時も、このミラーのおかげで友達が自分の左右どっちにいるとか、いちいち振り返らなくてもどのくらい離れてる、くっついてるってことがわかって重宝しました。

全然高くないもんだし、皆さんもお一ついかがですか?
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
NEW タイヤ
2007年08月08日 (水) | 編集 |
先日のチューブ破損を修理するついでに、前々から考えてたタイヤの交換も一緒にやってきました。

特に元から付いてたタイヤに不満があった訳じゃないですが、約1,300km走ってタイヤの中央がだいぶ平らになってきたのと、タイヤのカラーを変えて一気にイメチェンしたかったんですよね。

そして選んだタイヤが「Continental GP Attack & Force」。
ドイツのタイヤメーカーで、前後それぞれに専用設計されたって言う珍しいタイヤ。
購入金額は前後セット価格で、11,500円。

なんとこのタイヤ、定価だと前後それぞれが7,665円・・・。
色々なロードタイヤメーカーがありますが、その中でもトップクラスのお値段でございます。

しかも、Continentalのトップグレードのタイヤが「GP 4000」で、1本6,930円。
トップグレードよりも価格の高いタイヤなので、いつも行ってる自転車屋でもコレを付けたのは初めてだとか。
そりゃ普通はトップグレードのタイヤを選ぶわなぁ。
そっちの方が安いし・・・。

なんでこのタイヤを選んだかというと、ずばりカラーとデザイン!
特にデザインと言うか、タイヤのトレッドパターンでこれに決めました。

最初は普通にパナレーサーやミシュランなんかの有名メーカーのタイヤにしようと思ってたんですが、ネットでこのタイヤのトレッドパターンを見てから一気に一目惚れ。
これしか考えられなくなりました・・・。
いくら高くてもバイクのタイヤと比べたら安いすぃ。

Continental GP Attack
Continental GP Attack

前輪専用のAttack。
ロードタイヤの太さでは珍しい「22C」サイズ。
この波打ってるような波形のトレッドパターンが美しい!

Continental GP Force
Continental GP Force

後輪専用のForce。
こちらは通常サイズの「23C」で、フロント用とはまた違った波形パターンのトレッド。
ホント、珍しくて綺麗なパターンじゃないっすか!?

選んだカラーはレモンイエロー。
最初はレッドを探してたんだけど、メーカー在庫切れとのことでイエローに。
最初に写真で見た時はちょっと派手過ぎるかどうかって心配だったんですが、いざ装着してみるとそこまで派手じゃなくて一安心。
また今度書きますが、タイヤ交換に合わせて黄色のバーテープにしちゃった事が、逆にくどくなってしまった・・・。

ノーマルタイヤからこんな高級タイヤにしてみたものの、元からガンガン走る訳じゃないので変化はあまり良くわかってません・・・。
交換後2回、八幡の流れ橋まで行ったんですが、速度の平均アベレージが2~3km程度速くなった気がします。
結構な向かい風でも今までよりは時速3kmくらい速く走れてたかと。
プラシーボかもしれませんけどね・・・。

ただ、路面を転がる音は確実に摩擦抵抗の少なそうな音質に変わりました。
文字で表すのは難しいので書きませんが、転がり抵抗は間違いなく下がってるみたい。

まさに宝の持ち腐れ的な交換になっちゃいましたけど、僕としてはカラーと綺麗なトレッドパターンだけで大満足であります!
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
SPDペダルのオプション
2007年08月07日 (火) | 編集 |
先日交換したSPDペダル、SPDシューズを履いて乗る時は抜群に着脱しやすいし漕ぎやすいんだけど、やっぱり普通のシューズでは乗りづらい。
そこで用意したのがコレ。

SHIMANO SM-PD22
SHIMANO SM-PD22
購入金額:630円

SHIMANOから出してる両面SPDペダル純正アダプター。
材質はプラスチックで、両面SPDの片面にクリートをはめる要領で装着。
そうするとPD-M324のように片面SPDへと早変わり!
オマケにリフレクターも付いてるから夜間走行も一安心!!

ただ、欠点もいくつか。
まずはその着脱のし難さ。
SPDペダルにクリートをはめ込む要領と書いたけど、これがまた全然入らなかった。
ペダルの上に置いて、上から体重かけて踏んでも全然駄目。
体重をかけながらグリグリ足をねじ込みまくってようやく装着完了。

装着したのは良いものの、今度は外そうとしてもビクともしない・・・。
クランクを握って、手の平とペダルの間にクッションを何か挟んで、思いっきり力を入れてねじりあげないと外れない。
めちゃくちゃ手の平が痛かった!

簡単に取れると走行中の脱落とかって危険があるかもしれないけど、ここまで着脱しにくいのは正直最悪。

一回外したら、もう一回付けようなんてなかなか思えないっす。

もう一つの欠点が、このアダプター自体の重さでか、ほぼ常にこの踏み込み面が下になって、SPD面が上に来る。
PD-M324で慣れてた筈なのに、それでもかなり乗りにくさを感じる。
PD-M324よりも微妙にペダル回しがやりにくいんだろうか。

総合してみると、欠点もあるし無くても困らない感が高い。
普段はSPDシューズばかりとなると、あんまり使用頻度も高くないし。

まぁでも、これを付けることで一気に普通のシューズでは乗りやすくなるし、価格も630円とかなり安いしってことで、1つくらい持っておいても後悔はしないと思います。
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
フロアポンプ
2007年08月05日 (日) | 編集 |
今使ってる空気入れのご紹介。
ロードバイクを買ってから真っ先に揃えたモノの1つ。

Panaracer BFP-SGTW2
Panaracer BFP-SGTW2
購入金額:4,300円

Panaracerの仏バルブ用鉄製フロアポンプ。
鉄製だけあって重い・・・。

仏バルブ専用だから、空気の入れやすさは抜群ですね。
0barから8barくらいまでならホントすぐに入れ終わります。
重さのおかげで安定してるし。
多少価格は高かったものの、評判通りの使い勝手で満足してます。

ただ1つの欠点がホースの抜きにくさ・・・。
空気を入れ終わった後、バルブからホースを抜く時の固さがめちゃ固い!
高圧がホース内にかかってるせいでガッチガチ。
それを何とか、グリグリ回したり引っ張ったりしながら抜く訳ですが、それが毎回すごいストレスを感じちゃって、空気を入れるのが億劫になっちゃうんですよ。

前回のチューブ破損もこれが原因。
思い切り引っ張ってるうちにバルブ取り付け口周りのチューブに負担がかかって、一気に避けちゃったと。

ってことで、今回、空気入れのポンプヘッドを変更してみました!

ヒラメ ポンプヘッド2号横型 HP-20
ヒラメ ポンプヘッド2号横型 HP-20
購入金額:3,980円

フロアポンプ用ポンプヘッドとしてはかなり有名&人気の商品で、前々から気にはなってたんですがその価格から購入を躊躇してました。
値段的にはたいしたこと無くても、ポンプヘッドのみで約4,000円ですからねぇ・・・。
普通の一般人には猛烈に高く感じる訳ですよ。

が、今回折角チューブを交換したのに、今のままだとまた同じ事になる危険性があるって事と、いい加減空気を入れる度に感じるストレスを無くしたいって事で、思い切って購入に踏み切ってみました。

フロアポンプに最初からついてたポンプヘッドを先端で切断して、このヒラメヘッドをホースにねじ込み、付属のホースバンドで留めるだけ。
※ネットで見るとホースバンドは付属しないって書いてるところが多いんですが、僕が購入した時は付属してました。

このヘッド自体がかなり重くて、多少取り付け時に自転車本体やホイールに当てて傷が付かないかを注意しますが、ヘッド自体の質感は最高。
綺麗なメッキと真鍮製本体で高級感ありまくり。

実際の使い心地は、もうホントに最高です!
レバーを横に広げてヘッドをバルブに挿し、後はレバーを閉じるだけ。
閉じる時も全然力入れなくても良いし、何よりも抜く時すらストレスをまったく感じさせないくらい抜きやすい。
「今までの苦労は何だったの?」って思っちゃうくらい、ホントに楽に抜けます。

もうこれだけで購入した価値有り!
何でもっと早くに買わなかったんだ~!!
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ
ペダルも替えた!
2007年08月03日 (金) | 編集 |
前回のブログでSPDシューズを新調したと書きましたが、靴を新調するとペダルも新調したくなるもの・・・。
特に本格SPDシューズなのに、ペダルだけ片面SPDとかって何か宝の持ち腐れのような気がしまして。

で、新たに購入したSPDペダルがコレ。

shimano PD-M540
SHIMANO PD-M540
購入金額:5,780円

SHIMANO SPDペダルの最高峰モデル、PD-M959と同様の形をした廉価版。
廉価版ですが、色々なレビューを見てみると「これでも十分満足出来る」とか「PD-M959とあんまり変わらない脱着感」とかって書いてあったから、これに決定。

実際に付けてみると、やっぱり両面にビンディングがあると楽ですね~。
片面SPDでも慣れてくると見ないでSPD面を探れるんだけど、両方がSPDだと何も考えずに踏み込むだけでOK。

ビンディングのカッチリ感もハッキリしてて、はめ込み時の音が気持ちいい!

また、PD-M324よりだいぶ小さくなるから路面にペダルを擦っちゃうのが激減。
M324の時はカーブ中についペダリングしちゃうと路面にガツッと擦っちゃう事が何回かあったんだけど、M540はそれが全然無い。
カーブ中に漕いじゃうのが悪いんですけどね・・・。

一番心配だった、普通の靴でのペダリングは当然めっちゃ漕ぎづらい!
靴とペダルの接点がホントに点でしか接しないから、前後左右にかなりふらついて安定感無し。
漕ぎづらいだけで漕げない事は無いけど、この状態で距離を走ろうとは絶対思えません。

が、ロードバイクに乗れば乗るほど、どんどん普通の靴では乗らなくなるから問題無いっちゃ無いかな~?
テーマ:自転車(スポーツ用)
ジャンル:スポーツ